PTNA(ピティナ)の過去の受賞者紹介

PTNA(ピティナ)の過去の受賞者紹介

PTNAコンクールで優秀な成績を修めた生徒をご紹介させていただきます。

習い事との付き合い方

子どもの時って色々と習い事をしますよね。 私はピアノはもちろん、習字と水泳と公文とバスケットを習っていました。 毎日、毎日なんらかしらの習い事があり忙しい日々を送っていました。 ピアノは週に一回でしたが、毎日練習する必要…

2017/03/28 09:40:53

続きを読む

渋谷は10代

渋谷は10代の街というイメージがありますが、そんなこともありません。 一本奥へ入れば大人の街に変わります。高校生が入れないような場所がたくさんあります。今日は大人の渋谷の街をご紹介していきましょう。 さて、私は渋谷にある…

2017/01/26 02:12:46

続きを読む

猫の応援

猫は温かいところが大好きです。裏を返せば寒いところが苦手。私がコンクールに向けてピアのをひいているといつも邪魔をしてきます(笑)肩の上に載った時には、さすがにおこりました。膝のだったらと思い許可したら味を占めて、いつも膝…

2017/01/17 02:33:54

続きを読む

審査員をみる

テストに合格するということは、相手をしるということになります。相手がどんな人材を欲しているのかを知ることで、傾向と対策をしることができるからです。独りよがりの演奏をしても相手には伝わりません。自分の個性を出した場合に、そ…

2017/01/11 01:36:02

続きを読む

受賞するための練習

コンクールに出るためには子供でも正装をする必要があります。ディズニーのヒロインのような美しいドレスを着ることが一般的です。ピンクやオレンジといったかわいいヒラヒラとしたドレスに身をまといピアノをひきます。見栄えも当然必要…

2016/12/08 11:33:31

続きを読む

娘への期待

私は音楽大学を出て音楽の先生の道を歩みましたが、本当はプロのピアニストになりたという夢をもっていました。残念ながら私にはそのようなレベルには慣れず、夢に区切りをつけて現実的な人生を送ろうと切り替えたのです。ピアノを習わせ…

2016/11/09 03:05:48

続きを読む

音楽との付き合い方

水泳に並んでピアノが子供が習う習い事の代表ともいえます。学校教育で水泳の授業がり、音楽の授業もあります。生きていくうえで音楽とはなくてはならないものです。気分を上げたいときや、ムードを作りたいときにも非常に有効です。そし…

2016/10/21 04:16:16

続きを読む

コンクールの魅力

私も小学生の頃、ピアノを習っていました。自主的に習ったわけではなかったので、身にならずに終わりましたが、学校の授業では非常に役に立ちました。さて、このコンクールですがなぜタイトルを目指して頑張るのでしょうか。ただ頑張ると…

2016/09/30 12:18:10

続きを読む

成功への近道

コンクールは自分の技術を披露する場所でもありますが、独りよがりになってはいけません。相手は何を求めているのかを知る必要があります。採点基準がなんであるかを考えて、提案することが必要になるのです。これは社会人の仕事とよく似…

2016/09/05 09:47:16

続きを読む

子供の音楽教育

音楽は必ず学校で習います。幼稚園でも先生がピアノを弾き音楽をみんなで歌います。小学生になると譜面を読んだり、ハーモニカなどを吹いたりします。そのためドレミファソラシドが分かるなどある程度の知識が必要になります。一度教科書…

2016/08/31 03:29:33

続きを読む