PTNA(ピティナ)の過去の受賞者紹介

PTNA(ピティナ)の過去の受賞者紹介

PTNAコンクールで優秀な成績を修めた生徒をご紹介させていただきます。

グレンツェンピアノコンクール

グレンツェンピアノコンクールはグレードの高いホールで演奏する事ができる魅力のある会場です。ピアノコンクールのステージではみんな一人で戦わなくてはいけません。普段の練習で本番に頼れる自分を作る事が大切です。本番一発勝負なの…

2016/07/20 05:49:20

続きを読む

参加意義

ピティナコンクールに参加することによって同じ課題曲でも指導する先生や演奏者によって違った演奏になります。自分だけの世界でただ弾くという観念からいい演奏をして賞を取るぞという気持ちにもなります。たくさんの演奏を聴いて刺激を…

2016/06/29 03:55:03

続きを読む

特級グランプリ/山崎亮汰

まずピティナで特級グランプリを受賞するということは、毎年就学前幼児から大人の愛好者までのべ約40,000名が参加するなかで、最高グレードの階級を受賞するということです。世界の第一線で活躍するピアニストや国内の一流ピアニス…

2016/06/06 03:59:58

続きを読む

金賞藤本 遥

ピティナピアノコンクールで金賞を受賞した藤本 遥は小さいころにオモチャのピアノをで遊ぶことが好きだったそうです。それから本物のピアノの音色を聴いたことによってちゃんとピアノが弾けるようになりたいと思ったそうです。本格的に…

2016/05/13 05:10:06

続きを読む

作曲者

東京芸術大学作曲科卒、同大学院修士課程終了在学中の「轟千尋」さんはピティナで過去に受賞した曲として子供のための作品、ちいさなこてきたい・おつきさまのはなし・ママのだいどころ・いろえんぴつならんだ。ピアノ合奏曲としては、組…

2016/04/25 04:17:46

続きを読む

指導者賞

指導者賞とはコンペティションまたはピアノステップで優秀な成績を残した指導者に送られる賞のことです。優秀な生徒は優秀な指導者によって育てられます。指導者賞を取るという事は生徒の成績が認められた証拠です。北海道に住んでいる青…

2016/04/07 03:48:11

続きを読む

PTNA会員リトミックのプログラム

まだ3歳にもならない子供にピアノかエレクトーンを習わせたいと聴かれたことがあります。幼少期からの音楽にふれさせるのはとてもいい事ですが、ピアノを習うのは少し難しいとお話させて頂きました。鍵盤にむかってピアノを弾くのはとて…

2016/02/17 11:55:40

続きを読む

コンクールまでの準備期間

レッスンに通っていると、発表会という、多くの人に自分の演奏を聴いてもらえるチャンスがやってきます。大勢の人々の視線と照らすスポットライトを浴びながら、きちんとお辞儀をして、日頃の練習をお披露目するのです。いつもどおりに演…

2016/01/21 12:40:56

続きを読む

音楽の道を究める

 どんな世界でも極めるには時間が必要です。時間は取り戻せないからこそ、貴重なのかもしれません。時間を買える事はできとも、取り戻すことはできません。時間を大切にするために、自分の時間をどのように使っていくのか考えて行きまし…

2016/01/08 05:22:29

続きを読む

受賞者の共通点

 新規開拓をするのは非常に難しいことです。第二陣は先人の知恵をかり、さらに付加価値をつけていけばいいので先駆者ほどの労力は不要と言えるでしょう。ただ、先人が考案した道は次の時代にマッチするとは限りません。  ピアノも同じ…

2015/12/22 11:12:27

続きを読む